bakery harry(ベーカリーハリー)札幌カフェブルー姉妹店のパン屋がオープン

パン・スコーン・マフィン

bakery harry(ベーカリーハリー)

札幌藻岩山ロープウェイ入口にあるブルーチューリップ内にカフェブルー姉妹店のパン屋さんが2022年8月19日オープン!

CafeBlueのシェフとパティシエによる「毎日食べたいパン」がコンセプト。みんなに安心して食べてもらえるよう、こだわりの北海道産小麦粉においしいお水をたっぷり加えて一つ一つを丁寧に焼き上げ。

スポンサーリンク

bakery harry(ベーカリーハリー)の場所はどこ?

◆場所

店名bakery harry(ベーカリーハリー)
住所札幌市中央区南19条西16丁目7-12
アクセス札幌市電 ロープウェイ入口駅 徒歩5分 bluetulip 内
駐車場あり。
問い合わせ011-522-5552
営業時間9:00~16:00※売り切れ次第終了
定休日インスタグラムを確認。
ホームページbakery harry(インスタグラム)
その他テイクアウト
スポンサーリンク

bakery harry(ベーカリーハリー)のメニュー

◆メニュー

※メニューや値段は来店当時のものです。変更になる場合があります。税込価格。

毎日のクロワッサン150円
harryの塩パン120円
柚子胡椒フランス230円
バゲット300円
チョコの雫320円
トマトとカマンベールのオープンサンド350円
ベリーのデニッシュ350円
ブリオッシュのスモークサーモンサンド450円
スポンサーリンク

bakery harry(ベーカリーハリー)のグルメレポ

◆グルメレポ

bakery harry(ベーカリーハリー)

札幌藻岩山ロープウェイ入口にあるブルーチューリップ内に2022年8月19日オープンしたカフェブルー姉妹店のパン屋さん。ブルーチューリップ内には同じく姉妹店のGelato&Bake WHITEも入っています。

bakery harry(ベーカリーハリー)はCafeBlueのシェフとパティシエによる「毎日食べたいパン」がコンセプト。みんなに安心して食べてもらえるよう、こだわりの北海道産小麦粉においしいお水をたっぷり加えて一つ一つを丁寧に焼き上げたという。

今回もオープンしたので早速行ってきました。

大きなショーケースにたくさんの種類が並んでるので選ぶのが楽しい。

今回購入したのはこちら。

どどーん!

クロワッサン、塩パン、柚子胡椒フランス、バゲットです。

「毎日のクロワッサン」はバターの香りがふわーっと広がるのが良い。「harryの塩パン」こちらもバターの香りがたまらん!塩が旨みを引き出しているし、もちもち食感が好き。
「柚子胡椒フランス」明太子フランスはたまに食べるけど、こちらは初めてです。ジュワッと柚子胡椒が染みてるハードパン。パンの旨みとのバランスも良くてめちゃ美味い。「バゲット」は250gある大きなバゲット。食べ応え十分噛めば噛むほど味が出るシンプルなハードパンでした。

このパン屋さん最新のシステムを導入していました。レジに行って複数のパンを置いたらAIが自動判別してくれるというもの。初体験です。

また、スタッフがお金に触れないセルフレジで衛生面にも配慮しているのも良いですね。

◆5段階評価◆

一人行動4.0
4.0
映え4.0
コスパ4.0
接客4.0
リピート4.0
※新型コロナ対策としてお出かけする際は政府が出している新しい生活様式を守った上で行動しましょう。
スポンサーリンク

bakery harry(ベーカリーハリー)「まとめ」

・藻岩山ロープウェイ入口にカフェブルー姉妹店のパン屋さんが2022年8月19日オープン。

・CafeBlueのシェフとパティシエによる「毎日食べたいパン」がコンセプト。

・みんなに安心して食べてもらえるようこだわりの北海道産小麦粉においしいお水をたっぷり加えて一つ一つを丁寧に焼き上げ。

気になった方はぜひ行ってみてください。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました