【はちきょう いくら御殿】いくら丼が600円 ランチ昼呑みがスタート!

大通すすきのグルメ

海味 はちきょう いくら御殿ごてん

いくら丼600円や定食を提供する昼営業が2020年4月10日よりスタートしました!

はちきょうと言えば、おいさー!の掛け声でこぼれ落ちるまでいくらをかけまくる「つっこ飯」で有名な北海道札幌のお店。

姉妹店のいくら御殿のみ、ランチで500円から食べられる定食や昼呑みができるようになった。

スポンサーリンク

はちきょう いくら御殿の場所はどこ?

店名海味 はちきょう いくら御殿
住所北海道札幌市中央区南3条西3丁目14-2 FA-S3ビル1階
アクセス札幌地下鉄南北線すすきの駅 徒歩3分
駐車場なし。近隣コインパーク多数あり。
問い合わせ011-522-8921
営業時間ランチ11:00~

【 月~金 】 18:00~24:00(L.O. 23:00)
【  土  】 17:00~24:00(L.O. 23:00)
【 日・祝 】 17:00~23:00(L.O. 22:00)

定休日無休
公式HP海味はちきょう いくら御殿
その他60席 PayPay支払い可。 キャンペーンはこちら

はちきょう いくら御殿のメニュー

◆定食メニュー(お持ち帰り可能)

出典:はちきょう

※メニューは来店当時の価格です。変動する場合があります。税抜き価格。

イクラ丼お一人様一食限り限定10食まで600円→以降1200円
ザンギ定食500円
焼き魚定食500円
チャーシュー丼500円
カツカレー600円
はちきょう定食890円
刺身定食650円
海鮮丼1850円

◇ちょい足しメニュー

生野菜サラダ130円
しらすおろし180円
焼き鮭200円
焼き塩サバ380円
生卵70円
納豆80円
漬物180円
すじこ・たらこ各380円

◇テイクアウト(お持ち帰り可能)

◆ちょい呑みメニュー

・ビール(サッポロクラシック) 320円 

・ハイボール、サワー 各150円

・60分呑み放題 980円

出典:はちきょう

◇180円

・枝豆・山わさび・イカの塩辛・漬け物・冷奴・ホッケメンチ・ザンギ・にしん切込み・キャベツの千切り

◇280円

・塩辛じゃがバター・フライドポテト・カニコロッケ・わかめ酢・おつまみうずら・かちわりキュウリ

◇380円

・すじこ・山わさび冷奴・鮭キムチ・とんかつ・ホヤの塩辛・たらこ・バターコーン・ツブ塩辛・おつまみチャーシュー

◇焼き物

鹿ソーセージ600円
鮭ハラス半身450円
ホッケ半身640円
シシャモ2尾(オス・メス1尾ずつ)400円
手羽揚390円

はちきょう いくら御殿の感想

◆いくら丼600円のメリット、デメリット

はちきょう いくら御殿

北海道は札幌にある【海味 はちきょう】は、おいさーの掛け声でいくらがこぼれ落ちるまでどんぶりに乗せてくれる「つっこ飯」が全国で有名です。

現在は本店、別邸合わせて札幌に5店舗ありますが、その内の1店舗はちきょう いくら御殿で定食や昼呑みができる昼営業が開始されました。

その中の目玉が数量限定いくら丼600円です!

二条市場大磯さんでいくら丼500円が話題になりましたが、次はいくら丼の超有名店はちきょうで破格値のいくら丼が開始されました。これはとても魅力的です。

安いのには何か理由があるのでは?と思うかもしれません。違いは以下の通りです。

つっこ飯といくら丼の違いはいくらを乗せる量とおいさー!の掛け声があるかないかの違いです。

☆つっこ飯のメリット、デメリット

・メリット:おいさー!の掛け声と共にいくらを大量に乗せてくれる演出を楽しむことができる。

・デメリット:値段が高い。※通常サイズで2350円

☆いくら丼600円のメリット、デメリット

・メリット:値段が安い。600円 限定数量以降も1200円。

・デメリット:おいさー等の演出がない。通常時と比べるといくらの量が少ない。

※おいさーとは、はちきょうの特徴でスタッフがしゃもじでいくらをご飯に乗せる時にかける掛け声です。

いくら丼に使ういくらは、生産者が自信を持ってお届けする最高級品のみなので存分にいくらを堪能できます。

◆はちきょうのランチに行ってみた感想

さっそく、いくら丼600円を食べに行ってきました。

通常11:00から営業の所、4月25日現在特別営業で10:30から営業しています。営業開始と共に行ってみましたが、帰るまで一人もお客さんはきませんでした。

中に入るとスタッフは全員マスク着用、アルコール除菌を徹底しています。

席について貸し切り状態でいくら丼600円を注文すると、スタッフの方が「いくら丼に味噌汁が付くんですが+300円でハーフラーメンに変更できますよ。」とおすすめしてくれました。非常に魅力的でしたが今回は断念。※ご飯は無料で大盛りにできます。

なんと、はちきょうのラーメン屋「クラブギャング」のラーメンが食べられるのです。

その後、待っているとすぐいくら丼が出てきました。それがこちら。

どどーん!

ピカピカ光るいくら丼と味噌汁です。

つっこ飯と比べると量は少な目。実際食べると意外といくらが多くて食べ応え十分でした。

いくらはぷりっぷりで味がしみ込んでるので醤油はいりません。最高級のいくらがこんなに安く酢飯で食べられるのは嬉しいですね。味もめちゃくちゃ美味しいです。

定食も気になりますね。

※昼呑みもできますが、ソーシャルディスタンスは保ちましょう。落ち着くまではお持ち帰りがおすすめです。(上記メニュー参照)
また、はちきょうは5店舗ありますが、ランチ営業しているのは「いくら御殿」のみなのでご注意。

◆5段階評価◆

一人行動4.0
4.5
映え3.5
コスパ4.5
接客4.0
リピ度4.5

はちきょう いくら御殿「まとめ」

・はちきょうの姉妹店いくら御殿で昼呑みがスタート!

・数量限定でいくら丼が600円(税抜)で食べられる。

・定食も500円(税抜)からとリーズナブルに食べられる。

・漬け込んであるぷりっぷりで最高級のいくら。

・お弁当としてお持ち帰り可能。

・PayPayで簡単お得に支払いできる。

落ち着いたらぜひ、北海道名物はちきょうのいくら丼や定食を楽しんでください。

ではまた!

☆てんこ盛りの海鮮丼を食べるならこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました