【ていね温泉ほのか】雲海岩盤浴を北海道初導入!お食事セットがお得!送迎バスもある!

定食

ていね温泉ほのか

雲海のような感覚を得られる岩盤浴が凄い!北海道初導入!

クーポン割引やお食事セットがお得な銭湯。館内は清潔感がありお食事も美味しい。バスの送迎もあるので便利に利用ができる。

※北海道庁から出された休業要請を受け4月21日(火)~5月31日(日)まで臨時休業

スポンサーリンク

ていね温泉ほのかの場所はどこ?

住所〒006-0012 北海道札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1
アクセス札幌中心部から車で約28分 国道5号線沿い
駐車場あり(350台)
問い合わせ011-683-4126
営業時間24時間営業(年中無休)
定休日なし
公式HPていね温泉ほのか
インスタグラムていね温泉ほのかインスタグラム
LINEていね温泉ほのかLINE

ていね温泉ほのかの入館料金とお食事メニュー

◆入館料金

料金表(税込)通常料金朝5時~深夜1時
平日土・日・祝
大人中学生以上900円湯着付1000円湯着付
子供小学生300円館内着付350円館内着付
幼児小学生未満無料館内着なし
早朝料金朝5時~朝9時深夜割増料金深夜1時~朝5時
全日日~木・祝金・土・祝前日
600円湯着なし1400円湯着付1700円湯着付
200円館内着なし1100円館内着付1400円館内着付
無料館内着なし500円館内着付800円館内着付

◆平日限定お食事セット(入浴+お食事)

※メニューや価格は当時のものです。変更があるのであらかじめご了承ください。

各限定20食

ほのか特製弁当2000円(税込)
海鮮バラちらし1700円(税込)
鉄板ナポリタンハンバーグ1700円(税込)

◇セット以外のメニューも充実しています。

岩盤浴の種類とルール

◆岩盤浴の種類

◇雲海洞(うんかいどう)17床

約43℃

予約必須。

◇炎蒸洞(えんじゅどう)17床

約56℃

◇美蒸洞(びじゅどう)28床

平日約38℃、土日祝約44℃

◇麗蒸洞(れいじゅどう)29床(内11床はヒマラヤ岩塩)

約48℃

氷涼洞(ひょうりょうどう)

約12℃

出典:ほのか

◆岩盤浴ルール

※営業時間:朝8時~深夜1時 ※岩盤浴は中学生以上の利用

※岩盤浴専用の湯着へ着替え。貴金属類は外してください。

①岩盤スペースにバスタオルを敷き、うつ伏せで5分、あお向けで10分横になります。

②充分な水分補給を行って休憩室で休む。

③この入浴手順を2~3回繰り返します。体調に合わせて入浴回数を調整し、無理な入浴は避けましょう。

ていね温泉ほのかに行ってみた感想

◆感想

ていね温泉ほのか

札幌市手稲区の国道5号線沿いにある天然温泉です。北海道初!雲海岩盤浴を体験した感想をお伝えします。

公式LINEの友達登録すると割引クーポンがもらえます。

岩盤浴を利用する方は大判タオルが必要ですので登録するとお得ですよ。

ほのかグループは店内も温泉も広くて綺麗なのでよく利用しています。

札幌や恵庭、苫小牧にもあり見つけたら寄ってしまうぐらい好きな銭湯。

お食事もリーズナブルで美味しいのでお食事セットを頼むことが多いです。

お風呂に浸かった後に食べるも良し、食べてからお風呂や岩盤浴に行くのも自由です。

岩盤浴も何度でも利用可能ですが、私は普段一番熱い部屋を2~3セット入って前後にお風呂に入って疲れを癒しています。

今回は雲海岩盤浴が北海道初導入されていたので体験してみました。

雲海岩盤浴は1時間前から記入式の予約管理簿に名前を記入します。

時間が来ると雲海洞の部屋へ案内されます。

遊園地のアトラクションに入場するみたいでわくわくしますね。

雲海洞の中はこちら。

どどーん!

出典:ていね温泉ほのか

中に入るとこんな感じ。

ナノミストの雲海で寝る場所が見えないです。

番号が振ってあるので自分の予約番号の床にタオルを敷きます。

なるほど。ここで予約制の意味がわかりました。ナノミストでどこに誰がいるか見えないのです。だから番号毎に振り分ける必要があったんですね。

岩盤浴で寝っ転がるとミストが顔に当たって発汗します。血流もよくなりお肌を優しくいたわってくれます。

◆5段階評価◆

一人行動4.5
癒され度4.5
清潔感4.5
コスパ4.0
接客4.5
リピ度4.5

ていね温泉ほのか「まとめ」

・道内初導入の雲海岩盤浴が凄い!

・雲海洞は1時間前に予約が必要

・温泉や岩盤浴も入れるお食事セットがお得!

・無料送迎バスもある!

気になった方はぜひこの雲海岩盤浴を体験してみてください。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました